読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Freeciv村人会

Freeciv・二次元・IT などなど

【身内向け】11月12日(土)講習会マルチ

Freeciv 身内マルチ プレイレポート

謝辞

皆様、お忙しい中、参加して下さり、ありがとうございました。
とても楽しいマルチでした。

今後もまた講習会を開きたいと思っております。


はじめに

今回のマルチは、講習会です。
私が観戦者となり、初級者勢に解説を行うといった内容でした。


対戦結果

科学係数150

T134終了(Tはターンの意)

【終了時スコア】
マヤ人(水色):90
アパッチ族(紫色):82
ソビエト人(黄色):72

f:id:hanei_kimashi:20161114144324p:plain f:id:hanei_kimashi:20161114144323p:plain:w300

f:id:hanei_kimashi:20161114144320p:plain f:id:hanei_kimashi:20161114144322p:plain f:id:hanei_kimashi:20161114144321p:plain


対戦の流れ

序盤は、特に何もなく、穏やかな時間が訪れていた。
だが、大陸に都市が飽和してきた頃……

マヤ人がソビエト人に攻撃をし始めたのだ!
(原因:マヤ人が回線問題で退席→代わりに私が操作→戦争のお膳立てをする→戦争勃発)

ソビエト人は猛攻に耐えきれず、都市を1つ破壊される。
しかし、破壊された都市の跡地で、きちんと前線を構築し、被害を最小限に食い止めた。
以後、マヤ-ソビエト戦争は、泥沼化した。

ソビエト人は、前線を維持しつつ、後方の未入植地に都市建設をする。
戦争をしつつ、きちんと国力増加を行っていたのは見事である。

マヤ-ソビエト戦争が勃発してから、少しした頃……
西部の蛮族、アパッチ族がうなり声をあげた!
マヤ-アパッチ戦争の勃発である。

今回の参加者の中で、一番の初心者であるアパッチ族は、慣れない戦争に苦戦する。
主にユニットの操作にだが……
(マヤ人の領土に、間違えて開拓者を突っ込ませるなど、微笑ましい行動を見せてくれた)

アパッチ族は、戦争序盤には攻めあぐねていたが……
操作を覚えてきた頃に、マヤ人の都市を次々陥落させる。

マヤ人も、大陸東部のマヤ-ソビエト戦争の前線を維持しつつ、占領された都市を奪還しようとするが……
アパッチ族万里の長城の前には、無意味だった……

この世界大戦は、ゲーム終了まで続いた。

結果、マヤ人がスコアトップでゴールした。

マヤ人は、二面攻勢を受け、都市陥落もしていたのに、何故勝てたか?
答えはシンプルで、きちんと研究を続けていたからである。


感想

見事な世界大戦だった!

まあ、3か国全体に、私が煽ったのですがねー

経験が一番浅いアパッチ族が、大攻勢をし、それを成功させたのは凄かった……!

二面攻勢を受けたのに、中核都市を守り切ったマヤ人も凄かった。

戦争中、3か国全体に「攻撃はカタパルトがいいぞー」と言っていたのですが……
3か国のユニット生産が、カタパルト・チャリオット・レギオンのみ……
攻撃重視ユニットのみで、戦争が行われている!
これが本当の殴りあい……なのだろうか?

参加して下さった3人は、結構スキルアップ出来たと思います。
他プレイヤーとのスキル差が埋まり、今後の身内マルチは一体どうなる!?