Freeciv村人会

Freeciv・二次元・IT などなど

【身内向け】島戦マップとセオリー


はじめに

前回に引き続き、定期鯖ライクなマップとルールで行います。

身内向けの記事ですが、これからオンラインに参加してみたいと思っている方にも参考になると思います。

デフォルトのルールよりも、面白いぜぇ!



マップ例(プレイヤー6名の場合)

f:id:hanei_kimashi:20161210150749j:plain

f:id:hanei_kimashi:20161210150750j:plain



マップ設定

f:id:hanei_kimashi:20161210150753j:plain

マップサイズの定義方法=プレイヤーごとのタイル数なので、

  • マップの大きさ
  • マップの幅
  • マップの高さ

は無効になっている。
(どんな値が入っていても、マップ生成には関与しない)



大陸戦マップとの違い

  • プレイヤーごとに1つの島が与えられる
  • 北極&南極に入植できる地形がない

f:id:hanei_kimashi:20161210152613j:plain

f:id:hanei_kimashi:20161210152612j:plain

ご覧の通り、氷河だけ。

氷河って入植できないの? と思った方はこちらを見よう。
地形/解説 - Freeciv Wiki*



セオリー

  • 最初に研究するのは地図
    • トライリーム(船)を使って、海外の小島に入植する
    • 軍備は地図の研究が済んでからで間に合う


  • 埋め戦術という防御戦術がある
    • 最初に解禁される船であるトライリームは、陸上ユニットを攻撃できない
    • 沿岸を陸上ユニットで埋め尽くせば、上陸も攻撃もされない
    • トライリームの次に解禁されるキャラベル船は陸上攻撃できるので、注意


  • 戦争を仕掛けるのが難しい
    • 上陸しようとして、船を岸につけたときに、上陸部隊が船ごと沈められる
      • 素早く上陸させるテクニックが必要
    • 上陸に成功しても、上陸したユニットをキルスタックされる


  • 攻撃が突然来る
    • 船の移動力 ≧ 島と島の距離なので、都市から都市に直接攻撃できる


  • 大陸戦より科学が進みやすい



まとめ

  • 入植・戦争・研究のセオリーがガラっと変わる
  • 船の活用が必須
  • 自国領土の面積がグッと小さくなる