読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Freeciv村人会

Freeciv・二次元・IT などなど

百合というジャンルのとらえ方

二次元

女性の同性愛などについて書かれた記事です。
そういった話題が苦手な方は、記事を閲覧することをおすすめしません。



はじめに

最近触れた百合作品という記事を書こうと思ったのですが……

「私が言う百合はこういったものです」という主張をして、合意を得ないとマズい! と思いました。

ですから、私が百合をどうとらえているかを本記事で述べます。



大衆の百合の定義

百合という言葉は、世の中ではどういう定義になっているかというと、

『百合(ゆり)は、女性の同性愛のこと。また、それを題材とした各種作品。作品の場合、女性同士の恋愛だけでなく恋愛に近い友愛や広く友情を含んだ作品も百合と言うことが多い。』
百合 (ジャンル) - Wikipedia (2016年12月18日取得)より引用

となっております。

私の百合のとらえ方も、おおむね同じです。



ハネイの百合観

私は、前述したWikipediaの定義より、百合というジャンルの範囲を広く認識していると思っております。

とても抽象的な言い方をしたので、補足すると……
前述したWikipediaの定義の、
『女性同士の恋愛だけでなく恋愛に近い友愛や広く友情を含んだ作品も百合と言うことが多い。』
という部分の範囲が非常に広いです。



百合作品の例示

抽象的な話だけでは分からないと思うので、実際の作品を例に挙げて、説明していきます。
ここで挙げた作品は、私が百合だと思っている作品です。



伝えたいこと

私の百合観を長々と説明して、何が言いたかったのか。

私の言う百合の範囲は広い為、多くの人が百合と思わない作品でも百合であると言うことが、結構あるということです。

「百合だと言っていたから、触れてみたのに百合じゃないじゃん!」
と言われないように、気をつけて記事を書くつもりです。



最後に

もし、オススメの百合作品がありましたら、本ブログかハネイ (@hanei_kimashi) | Twitterに書き込みをしていただけると幸いです。



参考ページ

百合作品まとめ Wiki*

作品を例示するときに参考にしました。
イイ感じのwikiでした。